ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「誰にでも出来ること」が大切

ニュース&トピックスパブリックカレッジスクール | 2015年11月26日

「誰にでも出来ること」が大切

 

指導する上司ひとりひとりによってその能力は異なります。

その異なった能力で部下を育てたり、教えたりした場合、その成果も大きく異なってくるでしょう。

一人が出来たとしても、その部下の人材が同じようにまたその部下を教育・育成したり出来なければ意味がありません。

その人だけでなく、その人の部下が出来なければ、上司は延々ずっと教え続け、育て続けなければならず、永遠に負担は減りません。 出来る人だけが出来る方法では意味がないのです。

安定した指導や、確実に効果・成果をだすために大切なことは、上司、または部下の能力の向上だけではなく、その能力だけに頼らない、ある程度誰にでも出来るような仕組みや仕掛けといった方法が必要なのです。

 

cc-library010008556mm9re


«  |  »