ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

仕事の流儀

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2015年12月24日

「仕事の流儀」

 

よく「上司は背中で語れ」といわれていますが、それは職業人としての情熱がその人なりの流儀となって表れ、背中にまで雰囲気が漂うことを指します。

それが部下に対して、無言のうちに範を示すことにもつながるのです。

 

 

lgi01a201402171200

 

情熱や志といえるものを自分はもっているだろうか?

そんなふうに振り返ってみて、「イエス」と答えられるなら、その人は上司になる基本的な資格を有しているといってよいでしょう。

 

「上司は鬼がよいか仏がよいか」といった問いかけが話題になったことがあります。

しかし、自分に流儀と呼べるものはあるのか、部下と向き合う真摯な思いはあるのかと自問するほうがよほど大切なことなのです。


«  |  »