ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「仕事が早い人に共通すること」

ニュース&トピックスパブリックカレッジスクール | 2016年1月26日

「仕事が早い人に共通すること」

 

第一に、「事務処理能力に優れている」という点があげられます。

事務処理能力を早くするためにはコツがあり、コツさえ掴んでしまえば誰でも事務仕事のスピードをアップさせることができます。 単にスピードがアップするだけでなく一定のクオリティを保つ効果もあるので、仕事が遅いと悩んでいる人はコツを学び、仕事の効率化に役立ててください。

 

では仕事が早い人に共通する「事務処理」のコツとは何でしょうか?

 

1 整理整頓する

事務処理のスピードを悪化させる一番の原因は、必要なものが見つからないこと。

 

cleaning_seiri cleaning_seiton

 

2 パターンを覚える

一般的なやり方やパターンを覚えることで、初めての事務仕事でも要領をすぐにつかめるようになり、処理に時間をかけずに済むようになるでしょう。

 

shigoto_tekipaki

 

3 最初に仕事全体を把握する

仕事が遅い人の特徴として、目につく仕事から手を付けてしまい必要な仕事を優先的にすることができない、というものがあります。仕事の全体を把握してから仕事に取り掛かる習慣が身に付けば、時間のかかる作業を早めに行ったり、必要な部分だけを効率よく作業して仕事を早くすることができるでしょう。

 

business_senryaku_sakuryaku_man

 

仕事が早いからといって作業量が人よりも多いわけではありません。むしろ効率的に改善している分、仕事が遅い人よりも作業量自体は少ないこともあります。簡単な工夫でも仕事を改善することは可能です。仕事が早い人の仕事ぶりを参考にして、自らの仕事の改善に取り組んでください。

また効率を高めるのは重要ですが、その結果ミスが出てしまっては意味がありません。迅速よりも優先されるべきは確実性です。多少スピードが落ちてしまうとしても、必ず確認作業だけは怠らないようにしたいものです。

 


«  |  »