ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「『行動管理』を徹底する」

ニュース&トピックスパブリックカレッジスクール中小企業コンサルティング | 2016年3月4日

「『行動管理』を徹底する」

 

1日=24時間は誰にでも分かる平等なのに、活用の仕方によってその価値に大きな差が出ます。かといって、その「時間」を我々は本当に管理できるのでしょうか?

答えは否でしょう。

「時間」は、それ自体を管理できるものではなく、我々にできることは、「時間の使い方」のコントロールです。つまり、「時間を管理する」とは、「行動管理」といい変えることもできます。

 

「行動管理」とは、「行動計画」+「スケジュール管理」です。朝雨が降っていたらいつもより1本早い電車に乗ること、顧客訪問の約束時間に遅れない為に早めに会社を出ること、あるいは単純に動作を早くしスピードアップを心掛けるといった初歩的なことから、あまり重要でない仕事に多くの時間を取られてしまい、重要な仕事で、時間を要する仕事が後回しにされてしまうことがないように優先順位を決め、適正な時間配分を行うことなどを教えければなりません。

 

cc-library010000724

 

有名な経済学者であるピーター・ドラッカーは、その著書「現代の経営」の中で「時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなければ他の何事も管理することはできない」とさえ言っています。


«  |  »