ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「仕事の教え方」

ニュース&トピックスパブリックカレッジスクール中小企業コンサルティング | 2016年3月9日

「仕事の教え方」

 

仕事ができる、勉強ができる人だけが教えるのが上手だというわけではありません。

 

◆教え方が下手な人の特徴

 

①「だめ」としか言わない

仕事を教わる側は、「だめ」と言われると、どうすればいいのか分からなくなります。教わる側からすると、「だめ」は、全く説明になっていないのです。 「だめ」ではなく、「そんな時は~だから、こうすればいい」という風に、解決策や理由を伝える教え方をしましょう。

 

dame_man

 

②自分に余裕がない

「この仕事は自分でやったほうが早いからいいよ」という方は失格です。

・「自分の仕事だけで手一杯で、教える余裕などない」

・「仕事を教えるのに時間をかけるぐらいなら、自分でやったほうが早い」

たしかにその通りかもしれません。しかし、それでは教わる側はいつまでたっても成長できません。部下を育て上げるのは、上司の大事な仕事の一つということを忘れています。

 

pose_makasenasai_girl

 

 

◆教え方が上手い人の特徴

 

①一方的な話をせず、体も使う 実際に体験してみたり、失敗をさせたりして、部下に疑問を持たせて考えさせることも上手い教え方の一つなのです。

 

business_marunage

 

②物事の理屈を知っている

「ここがこうなることによってこれがこうなる」と理屈を知っていると、いざ質問されてもどうしてこうなるかが具体化されていますから、分かりやすく教えることができます。

 

communication_hanashiai

 

教えられている側も、理屈がわかると納得しやすく、仕事も覚えやすいのです。 どうでしょうか?自分自身を振り返ってみて、どちらにあてはまるか考えてみるのも人材育成のカギとなります。

 


«  |  »