ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「言葉遣いは心遣い」

ニュース&トピックスパブリックカレッジスクール中小企業コンサルティング | 2016年3月10日

「言葉遣いは心遣い」

 

 

見ず知らずの人がお互いを理解するために言葉は重要な役割りを果たします。

言葉遣いは心遣いといい、その言葉を発する人柄を現します。

 

言葉によって救われる、言葉によって傷つけられる。

 

どちらも皆さん、経験していると思います。

 

ビジネスの世界では、敬語を使います。

しかし、敬語以前に、人を活かす言葉、自分を活かす言葉を思いやりを持って口にするように気をつけましょう。仲の良い同僚であったとしても、職場では敬語を遣います。

 

敬語には、丁寧語・尊敬語・謙譲語があります。

 

丁寧語・・・言葉の語尾に「です」「ます」をつけて丁寧な表現にしたものです。

尊敬語・・・相手を高めて敬意を現す言い方です。

謙譲語・・・自分を低くして、相手を高めることで、相手に敬意を表す言い方です。

 

TPOに合わせて使い分ける事が大切ですね。

 

 

lgi01a201412311500


«  |  »