ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「発想の転換」

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年5月2日

「発想の転換」

 

何だか仕事に行きたくない・・・何度も思ったことがあると思います。

原因は人によって様々です。

それはありがちな原因であり、同時に解決するのがなかなか難しいものでもあります。

 

でも、発想を変えて少し角度を変えてみると、実は原因を作っているのは自分自身の消極的なメンタルであって、全然大した原因ではないこともあるものです。

 

たとえば 「頑張っても成果がでず評価されない」

自分では頑張っているつもりでも、失敗をしてしまったり評価されなかったりすると、仕事へのモチベーションが下がってしまいます。

「私はこんなに頑張っているのに、なんでいつも(ダレダレは)こう言うの?」等という途方に暮れる気持ちに陥ることもしばしば。

自己評価はどうしても自分贔屓になりがちです。

 

まず「評価は他人がするもの」と理解しましょう。

 

そうすると「これくらいやってるから」という期待が生まれてしまいます。

期待が生まれるから現実が違うと不満につながるものなのです。

ただ、これは「仕事に行きたくない原因」としてはポジティブです。

仕事で成果を出したいと望んでいるのであれば、努力の仕方さえ分かればうまくいくでしょう。

成果を出すには、何をすればよいのか、自分で分からないなら上司や先輩に尋ねてみましょう。

 

そもそも”努力する”という概念ではなく”夢中になる”ことで、結果努力したことになり、評価が後からついてくるのです。

 

だからこそ評価された人間は「私、コレコレをコウコウしただけなのに…」という謙虚な感想が生まれやすいのでしょう。

 

 

lgi01a201404281000


«  |  »