ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「ビジネスマナーという「型」を覚える」

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年5月10日

「ビジネスマナーという「型」を覚える」
 
近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが少なくありません。
 
困ったことにビジネスの場でも、社会人としての自覚やモラルに欠けた、いわゆる「ビジネスマナー」が欠如した若手社員は多く、会社に悪影響を及ぼしています。
そうした事態になる前に、いかに「型」としてビジネスマナーを覚えてもらい、ビジネスパーソンとして独り立ちしてもらうかが問題です。
 
「ビジネスマナーを学ぶことの意味」
 
ビジネスマナーを一つひとつ、確実に身に付けていくことにより、「仕事ができるようになる」「仕事がはかどる」という実感を持つことができます。
 
職場での自分の「存在価値」や「有用感」を見出すことができ、仕事への「モチベーション」も高まって、「やる気」が育まれていくのです。
 
そうすると、仕事に対する「充実感」や「達成感」を覚えることになります。その結果、組織に対する「貢献」や「期待」を強く意識していくようになっていきます。
 
社会人となった早期の段階でビジネスマナーを会得することで、職場や取引先と良い関係が構築され、「成果」もあげることができるでしょう。
 
そうした「成功体験」が自信を生み、責任と自覚が芽生え、一人前のビジネスパーソンを作っていくのです。
 
何よりも、この段階で得た自信や結果は、その先の本人のキャリア形成、仕事の成果向上などに大きな影響を与えていくことになります。
 
 
ビジネスマナーという「型」を覚えることが、人を大きく成長させるのです。
 
さらには、社員の定着率にも良い結果を招くことになります。
 
その有用性を意識してか、最近では「内定者研修」にビジネスマナーを必須とする企業が増えてきているのです。
 

 

 

lgi01c201402171600


«  |  »