ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「空気は『読む』より先に『つくる』ことが大切」

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年5月27日

「空気は『読む』より先に『つくる』ことが大切」
空気が読めないの略で「KY」という言葉が流行った時期がありました。
空気が読めないKYな人とは、「場の雰囲気・状況を察することが出来ない人のこと」という意味合いで使われました。
お客様と相対する場面で、「空気を読む」こと、お客様の心理を見極めてタイミングを見計らったり、その後の対応を考えたりする上でとても重要なことですね。
しかし、お客様もまた場の空気を感じています。
お客様の「空気を読む」よりも先にその場の「空気をつくる」ことの方が大切なんです。
お店でもオフィスでもその場から流れる空気は、あなたが考えるより以上にお客様には伝わるものです。
せっかくの一期一会の時間です。
行き届いた清掃やスタッフの笑顔などがお客様をお迎えする場をつくります。
心は行動に影響し、行動は心を作り出すのです。
lgi01a201410131500

 


«  |  »