ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「スケジューリングの方法」

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年6月20日

なかなか効率的に仕事がすすまない・・・
そんな時は、自身のスケジューリングを見直しましょう。

 

 

◆スケジューリングの仕方

 

まずは、仕事の成果を上げるスケジューリングの仕方を学びましょう。
スケジューリングというと、私たちは「時間を管理する」という点に注力しがちです。ですが、限られた24時間を「枠」と考えてそこにあらゆる用事を効率的に詰め込むという行動は、仕事の生産性を高めてくれる訳ではありません。仕事の効率化を目指すためには、

①スケジュールに入れる仕事そのものを減らす
②効率良く仕事を終わらせる時間の使い方と仕事の管理の仕方をする

という視点が大切です。

 
◆スケジュールはスッキリさせる

 

時間に追われて余裕のない人のスケジュール帳は、びっしりと予定が詰まっていて真っ黒ということが良くあります。一方、仕事の効率が良い人のスケジュール帳は驚くほどスッキリしていて余白がある傾向が高めです。
スケジューリングする時には、あれもこれもと何でも詰め込むのではなくホワイトスペース(余白)を確保するように仕事や用件を選ぶことを意識しましょう。
スケジュールに余裕があると、ダブルブッキングや遅刻などで信用を落とすリスクもありませんし、何か面白そうでやりがいのある仕事に出会った時に、即座に動けるという利点もあります。

80:20の法則で、生産性の80%を生み出すのは20%の仕事だったりします。仕事はしっかり「選ぶ」ことが大切です。

 

 

 

gi01a201502071900


«  |  »