ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「社員教育とは」

ニュース&トピックスパブリックカレッジスクール中小企業コンサルティング | 2016年6月22日

「社員教育とは」

 

社員教育とは、企業が生産性をあげるため、その構成員に望ましい資質を身につけさせるために行う教育です。
専門性の高い技能から、マナー、理念、生活態度といった社会的能力にまで範囲は及びます。企業内教育ともいいます。

 

内部のベテランが、教師となる場合と、外部に委託して、講師を招く場合があります。
前者はメリットとして、コスト面が低くなり、よく見知った仲なので和気藹々と研修ができるという面がありますが、デメリットととして身内意識から馴れ合いになったり、聞く側も熟知していることであるため、新鮮さにかけることがあるという面もあります。

 

内部の人間に社員教育を依頼する際には、講師になる人物の負担にも配慮しなければなりません。たとえプロでも、人にものを教えるというのは大変な労力を要するのです。自分のための知識の数倍は学習をしなければ、話はできないからです。ただし、指導者になったことで成長する社員も多くいますので、価値はあると言えますね。

 

外部講師を招く際には、コストの心配(講師代、会場費等)と、外部の人間を定期的に受け入れるための体制づくりが必要になりますが、的確かつ、有効な指導をしてくれます。
人気のある講師の場合、60万ほどかかることもあるそうです!

 

パブリックカレッジスクールにおいて、社員教育とは 社外研修(OFF-JT)と職場(OJT)を繋ぐことで効果を発揮すると考えています。 研修会場で習得したスキルを職場に生かすために、研修の企画・提案をするにあたって、 お一人お一人のニーズに合わせて学習プランをオーダーメイドで組み合わせ、 効果的にを第一に考えています。
更に対象の企業様には国からの助成金「キャリアアップ助成金」を受給することも可能です。

 

詳しくは、アクアメディックス:06-6949-8303までお問い合わせください。

 

 

20160518有期実習型訓練の活用のお勧め_ページ_1

 


«  |  »