ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「助成金を活用して人材育成をしましょう!」

ニュース&トピックスパブリックカレッジスクール中小企業コンサルティング | 2016年7月13日

「助成金を活用して人材育成をしましょう!」

 

 

アルバイトやパートの従業員に長く勤めてもらい、戦力にするにはどうすればよいのでしょうか?
せっかく仕事を教えた従業員が短期間で辞めてしまうと募集費や教育費が勿体ないですね。
すぐに辞めないように、人を育てるという観点で権限委譲を行うことや、職場でのコミュニケーションが大切です。
やりがいをもてる職場づくりが、離職率の低下につながるのです。
とくに小売業などにおいては、従業員に占めるアルバイト・パートタイムの割合が高く、売上を大きく左右する非常に大きな戦力と言えます。
従業員の能力を高めて、どのように活用するかがお店の業績に大きく影響してくるため、経営者は「人材を育てる」という観点でさまざまな工夫や、教育をするノウハウが必要となります。
といっても、なかなか費用も時間も出せないとお悩みの事業主の方は多いはず。

弊社では助成金を活用した研修の提案をしています。
【半年間のパッケージ】

①社外研修 (30万円/1名)
7時間/1日 全15回の研修を月に2~3回受講

②社内の実務研修
つまり、 ①OFF-JT と ②OJT を組み合わせた研修の実施に対して
1名あたり約82万円の助成金が受給できます!
年間最大500万円までですから 6名受講すると 約492万円の受給 です。
企業にとって「人材」は大切な資産であり、そしてその人材を育てるのも重要な課題であるがなかなか進まないのが現実ではないでしょうか。新入社員を育てようとする自覚の不足や、自分の事で忙しく育てるための時間がとれないといった「新入社員を育てることができない環境」の問題があるのではないでしょうか。
パブリックカレッジスクールでは、従業員様に社会人として必要な基礎知識を聞く・考える・行動するの三段階の考え方で、ディスカッションやワークなどを取り入れ、参加型・実践型研修を実施し、より職場に直結する研修内容を実現しています。
お客様のニーズにあった多彩な講座をご用意、サポートしております。

社員教育をお考えの際にはぜひご活用下さい!

 

 

 

 

パブリックカレッジ様ロゴデータ1


«  |  »