ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「いいことが起こる習慣」

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年8月1日

「いいことが起こる習慣」

 

 

いいことは、「たまたま」起きているのではなく、必ず理由があって起きています。

幸せはみんなに平等に起こるのですが、さらにいいことが起こりやすい習慣があります。

 

 

1.直感で決めている

 

直感は心の奥・無意識の領域から出ているサインです。

みんな誰しも幸せになりたいと心の奥底では思っています。

だから無意識が「こうしようよ、あーしようよ」と言っているのですが、「いやちょっと待てよ」と意識的に考えると間違った判断をすることになります。

 

最初に感じたことがベストと決めて動くとより幸せを引き寄せます。

 

 

 

2.「プラスの目」を持っている

 

同じ状況でも、「プラスの目」と「マイナスの目」で見るのとでは全く異なります。

どんな状況でも「プラスの目」があれば幸せを引き寄せることができます。

 

 

 

3.人のために何かをしている

 

人の役に立ったり、人を喜ばせたりすることは人間の究極の欲求であり究極の幸せですね。

利他の精神です。

人に親切にしたことは直接でなくても必ず回り回って自分に返ってきます。

 

人はエゴや損得から解放されたとき、もっと自由で大胆に人を喜ばせることができるようになります。

 

 

 

これらを実践すると、少しずつ自分の周りは幸せに包まれています。

 

 

 

 

gi01a201502071700


«  |  »