ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

『葉月』

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年8月5日

 

 

『葉月』

 

旧暦8月を「葉月(はづき)」といい、その語源には、いろいろの説があります。有名なものは、葉が黄色く色づく頃だから「はづき」、または落葉が始まるから「葉落ち月」を縮めて「葉月」になったというもの。

 

稲穂が実る時期であるから「ほはり(穂張/穂発)づき」とか、南海上から「(南風)はえ」をもたらす台風が多くくるから「南風月(はえづき)」がもとになった、という説もあります。

 

 

8月は季節的には「夏」にあたる季節です。また、秋への入り口にもなる月でありお盆明け以降は「残暑」と表現されるのが基本です。
残暑見舞いなど挨拶状を送る事も多いですね。8月に出す手紙に用いる時候の挨拶は、前半は夏の暑さを、後半は残暑の厳しさなどを表現するのが良いと考えられます。

 

・炎夏の候
・晩夏の候
・残暑の候
・秋暑の候
・立秋の候
・暑さが厳しゅうございますが
・暑い日が続いておりますが
・まだまだ暑いこの頃ですが
・立秋とは名ばかりの暑さがつづく毎日ですが
・暦の上ではすでに秋ですが
・季節では夏の終わりと申しながらまだまだ暑い日がつづきますが

 

などです。メールやラインで事足りる時代になりましたが、たまには日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて自筆の挨拶状を送ってみるのはいかがでしょうか?

 

 

gi01a201503302300


«  |  »