ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「相手に「好感」を与えるという意識」

中小企業コンサルティング | 2016年8月30日

「相手に「好感」を与えるという意識」

 

 
ビジネスシーンでは、人気者に情報や仕事が集まってきます。
誰からも好感を抱かれる人は、誰とでも円滑な人間関係を築ける人です。
だから多くの人に信頼され、情報や仕事が集まってくるのです。
このように「人に好かれる」「好感を与える」こともビジネスマナーの心得のひとつです。
好かれて損をすることはありませんが、八方美人になって、誰からも好かれる人になることが最終目的ではありません。

 

 

円滑な人間関係を築き、仕事をスムーズに進めるために、人に好感を与えることが重要なのです。
そして人に好感を抱いてもらうために、身だしなみや立ち振る舞い、言葉遣いといったビジネスマナーがあるのです。
人に好感を与えたいという気持ちがなければ動作も緩慢になり、身だしなみはおろそか、その上立ち居振舞いはぞんざいになることでしょう。

 
また、マナー以外にも自分に素直に正直でいることが大切です。
そうすると必要な仲間は自然と集まりますよ(#^.^#)

 

 

lgi01a201403140300


«  |  »