ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「参る」「申し上げる」「差し上げる」

ニュース&トピックスパブリックカレッジスクール中小企業コンサルティング | 2016年9月27日

「参る」「申し上げる」「差し上げる」

 

 

「参る」「申し上げる」「差し上げる」など、オフィスでの敬語は、きちんと使い分けられていますか?

 

 

間違ったまま使い続けていると、”失礼な人”というレッテルが貼られかねません。

 

 

当たり前のようで、できていなかった!という事の多い例を挙げてみましょう。

 

 
◆その1「参られますか?」
「参る」は、自分がへりくだるときに使う表現です。敬意を表すべき相手の行動に対しては、使いません。「参られますか」ではなく、「いらっしゃいますか?」「行かれますか?」が正解です。

 

 
◆その2 「お越しになられました」
「お越しになられる」は、「お」と「られる」という敬語が二重に使われています。二重敬語は、NGです。「お越しになりました」「いらっしゃいました」「お見えになりました」が正解です。よく間違って使われている「おっしゃられた」という表現も同じ。「おっしゃる」と「られた」が重なっています。正しいのは、「おっしゃった」ですね。

 

 

 

 

◆その3「申された」
「申す」は謙譲語ですから、自分がへりくだる言葉。正しくは、尊敬語の「おっしゃる」です。「申された」ではなく、「おっしゃった」「お話になった」を使いましょう。

 

 
言葉使いをはじめ、ビジネスマナーは失敗を重ね、場を踏むことで、経験と知識が蓄えられていくものです。1つ1つ謙虚な気持ちで覚えていってくださいね。

 

 

 

gi01a201502272300


«  |  »