ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「組織を動かす」

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年10月18日

「組織を動かす」

 

 

人を動かすことと、組織を動かすことは似ていますが、少し違います。
チームを動かすところまでは、あくまで思考の中心は人にあります。チームを構成するメンバーの個性を理解し、それぞれの個性に合わせてコミュニケーションしていくことで、人をうまく動かすことが可能となるのです。
ところが組織を動かすということになると、そうはいかなくなります。組織を動かすためには、組織を構成しているメンバーの顔は一旦忘れ、無機質な対象として、合理性で判断したり、指示する必要が出てくるのです。
構成員の利害やモチベーションではなく、組織の利害やモチベーションを中心に動かしていきます。

 
人によってモチベーションは異なるので、組織を合理性だけで判断してもよいのかという疑問が浮かぶかもしれませんが、あまり気にする必要はないでしょう。
個人よりも小さなグループ、小さなグループより大きなグループと、規模が大きくなるにしたがって、個性が発揮される割合は少なくなってくる為です。
例えば、部長クラスとなり、それぞれの課を動かすというレベルまでくれば、各課の課長がどんな人なのかということよりも、組織全体としての利害で、その課は動いていくことになります。
したがって純粋に無機質な存在と考えて差し支えないわけです。
こうした「大きな」視点を中間管理職のうちから持つ事ができるかどうかが、「その上」にいけるかどうかの違いとなってくるのです。

 

 

 

lgi01a201312181500


«  |  »