ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「企画書がうまくまとまらない時」

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年10月17日

「企画書がうまくまとまらない時」

 

 

プレゼン資料のように図解が施されていて、キーワードがちりばめられているたり、長い文章が書かれている箇所はない・・・

 
「商品紹介セミナーの配布資料か何かかな?」そう感じさせる資料では、メール等で送ってもあまりうまくいきません。

 
そういう時には、ネット上での商品販売ページを真似てみるといいでしょう。

 
最近は情報商材というものが流行っています。インターネット上でセールスレターを書き、DVDだったり、PDF教材を販売する。そして、インターネット上のみで販売を完結してしまうのです。

 
会ったこともない人を説得して、購入ボタンを押させるのはとても難しい事です。そのためにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

ずばり、文章で売るのです。

 

 

文章にはそれほどの力があります。それを対面することでトークで補うのならともかく、そうしないのならば文章を使うようにしましょう。

 
企画書とプレゼン資料は、大きく違います。話し手がいるのかどうか、それによって必要な文章の量が変わってくるということを忘れないでいてください。

 

 

 

gi01a201502080300

 


«  |  »