ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

「届出や許可が必要な事業」

ニュース&トピックス中小企業コンサルティング | 2016年10月28日

「届出や許可が必要な事業」

 

 

起業をするにあたり、届出や許可の必要な事業があります。

届出や許可は、社会のルールに従って営業することで、一般市民に不利益をもたらす可能性を少なくしているのです。

期間の区切りのある事業でも届出や許可が必要な場合があるので注意してください。

 

 

【食品を取り扱う】

食品を加工してから販売する場合は、保健所への届出が必要です。

 

 

【酒類を取り扱う】

アルコール度数1度以上の酒類を販売する場合は、一般酒類小売業の免許が必要です。

免許は税務署で取得します。

 

 

【中古品を取り扱う】

中古品を仕入れて販売する場合は、古物許可証が必要です。

許可申請は、最寄りの警察署です。

 

 
届出や許可をせずに営業すると、業法違反で営業停止や罰金などの処分を受けることになります。

起業するにあたって、届出や許可の必要な事業菜のかどうかを調べる必要があります。

 

 

当社のバーチャルオフィスでは無料相談もお受けしています。

ぜひお問い合わせくださいませ。

 

 

 

lgi01a201501241500


«  |  »