ご依頼・お知らせ contact

株式会社アクアメディックス┃ 御社の事業を共に育てるビジネスパートナー

講座一覧

お客様のニーズに合った研修のご提案ができるように多彩な講座をご用意しております。
以下の講座を6ヶ月間の研修に組み立ていたします。
こんな研修を組み入れたい、うちの従業員にはこのような研修を受けて欲しいなどのご要望がございましたら、オーダーメイドで組立をさせて頂きます。何なりとご相談くださいませ。



▼職業能力自己分析
職業能力基礎として、企業活動の理解、PDCA(Plan-Do-Check-Action)の理解、コンプライアンス、プライバシー保護、知的財産権保護等、企業活動を担う人としての基本的知識を学び、さらには、自身の会社理解のためのプレゼンテーションまで行います。自己能力分析を行います。今までの学生生活や社会人生活の中で、あるいはこの研修中で今までどんなことを学んできたのかという自分史を作成し、今後どのように行動すればいいのかを考えるきっかけ作りを行います。
▼総務基礎
社員が働きやすい環境を整え、業務に支障が出ないようにサポートするのが総務の役目です。総務基礎では、備品・機器の手配、福利厚生制度の整備、オフィス建物の管理、防犯・防災対策、社内環境整備、社内イベントの運営等を学びます。社内環境整備では、リスクマネジメントや個人情報保護等も学習します。
▼人事・雇用管理
人事管理の意義、採用・配属・人的資源としての人事評価の仕組み、労働契約・就業規則の概要、雇用形態の種類・募集・採用、退職・解雇や、作業の管理として時間・動作管理、労務時間制度(変形労働制など)や休業・休暇システム、賃金制度、安全衛生では、労働災害・健康診断について、教育訓練制度などを学びます。さらに、採用担当者になっても困らないよう、面接試験の面接官としての練習をします。
▼賃金・社会保険
健康保険法:保険証からもわかるように実際にはなくてはならないものです。どのように健康保険料を決められているのか、どのような給付を受けることができるのかを学びます。国民年金法:そもそも年金とは何なのか、国民年金保険料とはどのように決められているのか、そしてどのような給付を受けることができるのかを、手続き上の演習も入れながら学習します。厚生年金保険法:会社の手続きが必要なのは、実は厚生年金です。国民年金と厚生年金との関係、保険料の算定の仕方、どのような給付を受けることができて、その給付額はいくらなのかを学びます。
▼簿記
貸借対照表、損益計算書とは何かから初めて、仕訳、各勘定科目ごとの処理の仕方、伝票の処理の仕方を学びます。簿記は演習が非常に大事ですので、演習もしっかり行っていきます。試算表・精算表の作成の仕方を学びます。特に試算表の作成では、仕訳の数が非常に多いですので、しっかり演習することで、各勘定科目の取り扱いの知識を深め、実力を養成します。 日商簿記3級にそって、基本的な勘定科目や仕訳から貸借対照表や損益計算書を作成、財務会計の基礎知識までを学びます。これは問屋から商品を仕入れて販売する、会社にとって役に立つ知識です。
▼財務管理・財務諸表分析
財務諸表分析では、データマイニングの基本中の基本、経営分析の筆頭にあげられる財務諸表分析。効率よくまとめられたデータから、企業の「収益性」「安全性」「効率性」を分析していきます。現金取引基礎、預金種類と処理の基礎、手形・小切手取引基礎、資金繰りの概要と仕組みを学びます。
▼ビジネス文書作成・管理
ビジネス文書の能力は、ビジネス的な文章、文章用語、様式、関連知識、書写などの知識技能のことで、事務処理のためには欠かせない基礎能力です。ビジネス文書には、一定の型や特有の言い回しがあり、それを会得することによって、ビジネスで使われる基本的な文書が書けるようになります。社内文書、社外文書作成の基礎から応用を学びます。ビジネス文書を送る際には、送付状を必ず添えますし、目上の方や取引先への文書には頭語や結語が必要です。業務上役立つ文書を習得し、文書管理とファイリングの基本も学びます。


▼ビジネスマナー
ビジネスマナーの重要性、身だしなみのマナー、挨拶の仕方とお辞儀の仕方、敬語の使い方、名刺交換、来客対応、冠婚葬祭のマナー、自己紹介の仕方、言葉遣いの基礎、敬慕の使い方、名刺交換、退却対応、ビジネス文章(メール、FAX、社内・社外文書)など一般的マナーを身につけます。
▼電話応対
電話を取った時の対応、アポイントの取り方など、いかに相手の立場となって対応できるかを学び、会社の窓口としての自覚を持たせる研修を行います。
▼コミュニケーション
紹介のビジネスマナー(紹介するとき、紹介してもらうとき、他社の人から紹介してもらうときなど)を通じて、相手の立場となっていかにT-UPするかで、自分自身の信頼関係も生まれるという流れをサンプルにコミュニケーションのはかり方を学びます。
▼リーダーシップ
求められる役割、求められるリーダーシップとは、職場リーダーの「仕事力」、リーダーに求められるコミュニケーション能力の習得を目指します。
▼マネジメント
リーダーに必要なマネジメントに活かせる4つのスキルを伝授します。 1)社員の自発的行動が起こりうるコミュニケーション環境を創造するスキル 2)効果的な質問により社員のアイデアや提案を引き出すスキル 3)自身が培ってきた知識や経験を組織やチームメンバーに効果的に伝達するスキル 4)社員の自発的行動を継続的にフォローするスキル


▼Word
Wordの基本的な使い方や簡単な文書作成を学びます。初歩的なタイピングから始めるので、パソコンを使ったことがない方でも安心して受講していただけます。(Wordの起動・終了、言語バーの説明、ファイル・フォルダの知識、文字入力、文書の新規作成・保存・印刷、文書の装飾等)基本的なビジネス文書の作成から、あらゆる機能を駆使した文書作成まで、横断的に学習します。(様々な表の編集、文書構成、様々な図の挿入、計算・関数・グラフ挿入、クリップアート・ワードアート・オートシェイプ・テキストボックスの挿入、印刷の応用等)
▼Excel
基本的な関数や表の作成方法から、仕事で役立つ関数を学び、効率よく表を作成したり、グラフを作成するスキルを身につけます。(Excelの起動、作業対象のセル指定、データ入力・文字の入力、移動と複写、挿入・削除・クリア、数式の入力・コピー、形式を選択して貼り付け)基本的な表の作成から、あらゆる機能を使った表の作成を学習します。また、Excelで大きなウェイトを占める関数をしっかり学習します。(データベース機能、データの並べ替え、抽出、統合、リンク、ウィンドウ枠、データベース関数等)
▼PowerPoint
PowerPointはプレゼンテーションに利用するのに大変便利なアプリケーションソフトです。基本的な使い方と効果的な作り方を学びます。(プレゼンテーションの基礎知識、プレゼンテーション作成・編集、図形の挿入、特殊な文字やイラストの挿入、表やグラフの挿入、効果、発表の基礎知識等)。PowerPointを活用した実例を作成し、実際に使われるプレゼンテーション用資料やパンフレットを作成しながら楽しく実践力を身につけます。(情報デザイン:グラフ・表・フローチャートのレイアウト、企画書をスピード作成:情報の把握と整理、企画書の考え方とプレゼンの訴え方等)
▼ITパスポート
情報活用能力向上のための講座です。社会人として働いている方はもとより、これから社会に出ようとする方々に、時代に合わせて変化を遂げる情報技術をきちんと活用できる人材を育てていくための、経営戦略、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのIT技術の知識、IT管理の知識など幅広い分野の総合的知識を習得する講座です。IT情報を安全に扱い、ITで明日の強い企業を創るビジネスイノベーションを支える基礎知識を持った人材を育成します。
▼MOS対策(Word、Excel、PowerPoint)
マイクロソフトスペシャリスト(MOS)の基本的なスキルの総点検から始め、応用的なスキルの習得を身につけます。また実践的ないつ、どのときにこの機能を使うかということを瞬時に判断できる能力も身につけてもらいます。


▼営業入門
営業活動計画、営業基礎知識、営業実績の見方、営業技術(アプローチ等商談技術)アフターセールス、販売目標の立案等を学びます。営業とは聞くことである。ニーズの全容を掴むノウハウ。意思決定に必要な四大情報(予算、決裁者、ニーズ、時期)意思決定に必要な四大情報を引き出す方法(決裁者、予算の聞きだし方、意思決定に向けたヒアリング)また、「顧客コミュニケーション力のアップ」「交渉テクニックの習得」「モチベーションのコントロール」の大きな3つの柱からルート営業を高めます。営業マンに欠かせないビジネスマナーを身につけます。また、ビジネスマナーを通して営業マンとしての意識を高め、行動変化へと導きます。
▼営業基礎
アポイント、アプローチ、プレゼンテーション、クロージングの営業技術向上と営業としての意識改革を図ります。「ヒアリング力」「提案力(プレゼンテーション力」を磨き、お客様のニーズにかなった商品提供のノウハウを学びます。プッシュ営業型からプル型営業への転換。14の集客手法とそのノウハウの進化、集客成功に向けた6つの関門(メディア、タイミング、アテンション、レスポンス、プライシング、フロントエンド)営業員による集客成功のコツ(飛び込み、メール、ソーシャル、電話、DM)また、見込み客のランク分け手法、見込み客ランクアップ手法(営業員によるオファーテクニック、購買動機をオファーテクニックに活かす)を学びます。
▼営業実践
自分の思い、考えを正確にかつ分かりやすく発表、伝える技術を、目的に合わせた実習を交えて学びます。(プレゼンの目的と構造、提案について本気で考えさせる)稟議に通る確率を高めるクロージング手法を学びます。(結論を求める権利と意思表示をする義務、クロージングに突入する先のなげかけ、行動のステップを明確にする、成約率を上げるクロージング、追加・リピート・紹介に繋げるクロージング、優良顧客を育成する方法等)


▼経営戦略概論 戦略制定
企業統治の重要性、経営戦略の役割、経営戦略と経営目標の制定、経営環境の分析を学び、経営シュミレーション演習で実践力を養います。会社の方向性を認識した上で、将来の自分があるべき姿と、そうなるための目標に対する方向性の認識を学びます。また、経営戦略には欠かせないデータ分析も学んでいきます。
▼マーケティング論
マーケティングとは、製品と価値を生み出して他者と交換することによって、個人や団体が必要なものや欲しいものを手に入れるために利用する社会上・経営上のプロセス(お客様に価値を提供してお金をいただくこと)です。「お客様が商品から得られるメリット」「商品の差別化(強み)」「お客様を分けて絞る」「4P」の考え方から分析し、自社の商品に対しどのようなニーズがあり、どのように販売すれば売れるのかを調査する力を身につけていきます。


▼秘書能力開発
(総務・文章・情報・接遇)社会人に求められるマナーや一般常識から、職場環境の整備、文書作成による情報伝達の重要性、また情報を適時活用できるように調査・取得・分類・整理・蓄積・保存・破棄などの情報業務管理、機密保持業務を学びます。また、上司やお客様への適時対応するための接遇(礼式・敬語)等、友好的・親善的な態度で応答し、迅速に・正確に行えるように、知識にとどまらないコミュニケーションスキルが磨き、人間力向上を目指します。
▼販売能力向上・お客様心理活用講座
お客様視点で捉え、お客様がものを買いやすい情報提供能力・あるいは情報媒介能力を学びます。接客に関する基礎知識(お声掛けの仕方、パーソナルスペースを知る)、取扱商品に関する専門知識、売場や店舗を管理する能力を学びます。また、人の心理のメカニズムを活用した、お客様が必ず購入するための接客業務での行動ポイントが身につきます。
▼クレーム処理
どんな業種のどんなポジションの人も、クレームを受ける可能性は持っています。「もしも」のときにアタフタしないように、クレーム対応能力を身につけます。また、クレームを受ける可能性が高いのは電話であり、顔の見えないやり取りだからこそ、電話対応能力向上は必須であるといえます。常に笑顔を心がけ、言ってはいけない言葉や敬語の変換方法、聞き上手になるためのポイントを学びます。
▼接客・サービス
お客様に満足感を与える接客技術を学びます。「あいさつ」「身だしなみ」「正しい言葉使い」「美しい立ち居振る舞い」「観察と行動」「心得」など接客の基本テクニックを学びます。
▼サービス接遇
サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、応対の技術、言葉遣い、態度・振舞いなどを学びます。サービスに対する考え方や行動の型などを学び、おもてなしの心とかたちを自身に落とし込み、即実務で使える手法の習得ができます。